新しいScrumAlliance CSMテストには、どのようなトピックが出題されますか?

CSM候補の方々の中には、ScrumAllianceの新しい認定テストに若干の不安を抱えている人もいらっしゃると思います。この認定テストを安心して受けていただけるよう、テスト準備のお手伝いをさせていただきます。

A. スクラムとアジャイル – SCRUM AND AGILE

B. スクラムの理論 – SCRUM THEORY

  • スクラムに関係する経験的プロセス制御 – Empirical process control as it relates to Scrum – https://scrummaster.jp/scrum-guide#スクラムの理論をお読みください
  • 経験的プロセス制御の3本柱とその重要性 – The 3 pillars of empirical process control and their importance
  • スクラムの重要な特徴の”漸進的(インクリメント)”な進め方やその理由 – How and why incremental is an important characteristic of Scrum
  • スクラムの重要な特徴の”反復的(イテレーティブ)”な進め方やその理由 – How and why iterative is an important characteristic of Scrum
  • スクラムの適応(様々な製造業での複雑なプロダクトの作業管理) – Applicability of Scrum (addresses complex adaptive problems across multiple industries) – https://scrummaster.jp/introduction-to-scrum-translation-in-progress-jp/をお読みください

C. スクラムの価値基準 – SCRUM VALUES

  • 5つのスクラムの価値の確認 – Identify the five Scrum values – https://speakerdeck.com/nakatoarase/scrum-value?slide=10をお読みください
  • スクラムの重要な価値の一つ確約の進め方とその理由 – How and why commitment is an important Scrum value
  • スクラムの重要な価値の一つ勇気の進め方とその理由 – How and why courage is an important Scrum value
  • スクラムの重要な価値の一つ集中の進め方とその理由 – How and why focus is an important Scrum value
  • スクラムの重要な価値の一つ公開の進め方とその理由 – How and why openness is an important Scrum value
  • スクラムの重要な価値の一つ尊敬の進め方とその理由 – How and why respect is an important Scrum value

D. スクラムチーム – SCRUM TEAM

  • なぜ自己組織化がスクラムチームにとって重要か。– Why self-organizing is an important characteristic of Scrum Teams – https://scrummaster.jp/scrum-guide#スクラムチームをお読みください
  • なぜ機能横断的がスクラムチームにとって重要か。– Why cross-functional is an important characteristic of Scrum Teams
  • スクラムチームの役割の確認 – Identify the roles on the Scrum Team – https://scrummaster.jp/scrum-and-less-roles-quiz-part-1/をお読みください
  • スクラムマスターの特徴と責任 – Identify the responsibilities and characteristics of the Scrum Master
  • プロダクトオーナーの特徴と責任 – Identify the responsibilities and characteristics of the Scrum Product Owner
  • スクラム開発チームの特徴と責任 – Identify the responsibilities and characteristics of the Scrum Development Team

E. スクラムマスター – SCRUM MASTER

  • スクラムマスターの特徴と責任の理解–スクラムチームのためのサーバントリーダー – Understanding responsibilities and characteristics of the Scrum Master – servant leader for the Scrum Team
  • スクラムマスターは組織を支援する–コーチング、ファシリテーション、障害の除去 – Scrum Master service to the Organization – coaching, facilitation, removing impediments – https://scrummasterchecklist.org/pdf/Scrum-Master-Checklist-jp.pdfをお読みください
  • スクラムマスターは開発チームを支援する–コーチング、ファシリテーション、障害の除去 – Scrum Master service to the Development Team – coaching, facilitation, removing impediments
  • スクラムマスターはプロダクトオーナーを支援する–コーチング、ファシリテーション、障害の除去 – Scrum Master service to the Product Owner – coaching, facilitation, removing impediments

F. スクラムイベント(スクラムミーティング) – SCRUM EVENTS

  • スプリントの特徴、価値や目的 – Characteristics, value and/or purpose of the Sprint
  • スプリントプランニング(スプリント計画ミーティング) – 特徴、価値、目的や参加者の役割 – Sprint Planning – characteristics, value, purpose and/or role of participants
  • デイリースクラム – 特徴、価値、目的や参加者の役割– Daily Scrum – characteristics, value, purpose and/or role of participants
  • スプリントレビュー(スプリントレビューミーティング) – 特徴、価値、目的や参加者の役割 – Sprint Review – characteristics, value, purpose and/or role of participants
  • スプリントレトロスペクティブ(スプリントレトロスペクティブミーティング) – 特徴、価値、目的や参加者の役割 – Retrospective – characteristics, value, purpose and/or role of participants

G. スクラムの作成物(アーチファクト) – SCRUM ARTIFACTS

  • スクラムの作成物(アーチファクト)の目的や価値の理解 – Understand the purpose and value of Scrum artifacts
  • スクラムの作成物(アーチファクト)の確認 – Identify Scrum artifacts
  • プロダクトバックログ - 特徴、価値や目的 – Product Backlog - characteristics, value and purpose
  • スプリントバックログ – 特徴、価値や目的 – Sprint Backlog – characteristics, value and purpose
  • インクリメント – 特徴、価値や目的 – Increment – characteristics, value and purpose
  • 価値とリスクの観点から作成物(アーチファクト)の透明性の重要性の理解 – Understanding importance of transparency of artifacts to evaluate value and risk
  • 透明性の欠如により発生する問題の特定 – Identify the downsides of lack of transparency
  • 完成(Done)の定義の重要性 – Importance of establishing the Definition of Done
  • プロダクトバックログアイテムの特徴 – Characteristics of Product Backlog items

Download the English CSM Test Specification

MJ thanks Nakato Arase-さん for his generous help with this article.

この記事を翻訳するにあたり、荒瀬 中人様より多大なご協力をいただきました。

更新日時: